<   2007年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

親父にもぶたれたことないのに!

フレイも~~ん!!(挨拶)

あ、いえ。
上の挨拶は、某ドラえもんとは一切関係ございません

何かと申しますと、「ファンタスティック・フォー」のTVCMで、
登場人物(調べる気ゼロ)の一人が火男に変身する際に唱える呪文(?)なのですが、
ダーリンがこの呪文をお気に召したようなので、より馴染みやすく演出してみた次第です。

でもせっかくだから、ドラえもん絡みで一つ置いていきましょうか(´∀`*)
赤レモン様へ捧げる、ちょっとガキ大将なアムロ


さて、先ほど家の物置をゴソゴソと片付けていたところ、
7年前、PCゲームの製作会社に勤めていた頃の、
やんごとなき代物が色々出てきてしまいました。

思い返せば7年前、うら若き23歳の乙女だったあたしは、
当時、ゲーム会社で親には見せられないような職場環境の中、
親には見せられないような絵に色を塗って、生計を立てておりました。

ぶっちゃけ、会社に寝泊りなど当たり前
むしろ帰ろうとしたら、エレベーター前で張り込み…タバコ休憩しているチーフに、

チーフ「 ………(まさか)帰るの?

などと、穏やかな口調でチーフストップをかけられたりしたものです。
もれなく寝袋も経験しましたよ、もちろんインドアで。
ある種、武勇伝かもしれません。

満点の星空は見えなくても、
涙で滲んだ作業机の天板の裏が見えたとか、見えなかったとか。
お母さん、こんな娘でごめんなさい(ノ∀`*)

「ヒトは72時間まったく寝ないと、手足が震えてくる※個人差があります」という、
仕事と言う名の強制人体実験も経験いたしましたし、
完全出来高制だったために、月に450時間以上働いての月給7万円を、
心の底から喜べる集団催眠も体験いたしました。

同期のナンバーワン猛者は、60日分の給料が2万弱だったという。
そうまでして仕事を続けるのは、もはやドM以外の何者でもないと思います。

夢から醒めてみれば、なんととんでもない現場だったんだろう!
などと思ってしまいますが、たぶんゲーム開発の現場なんてどこもこんなもの

それでも、こんな劣悪環境で闘えたのは、
ひとえに盟友(ポンヨウ)のおかげだったと言えるでしょう。

お金も時間も無かったけれど、仲間との充実した日々は、
とても幸せでございました…(´¬`*) ←遠い目

開発に膨大な労力と時間を費やした後、
手塩に掛けた我が子(完成したソフト)を手にした時のあの感動は、
言葉では言い表せないほどです。

そんな我が子も、今ならamazonのマーケットプレイスで最安値480円
世知辛い世の中になったもんだぜ…。
まぁ、7年前のゲームですしね(笑)

そんな甘酸っぱくも青い春だったあの頃を思い出し、
もうとんと6年以上書いていない絵を、また描きたくなった今日この頃でございました。

え?それで物置から出てきた物は、一体なんだったんだって?
それは国家機密でございます。
[PR]
by neodita | 2007-09-26 11:54 | 日常

BSEの危機

おじいさん、BSEってなぁに?(挨拶)

少し前に、「脳内メーカー」というものが流行りましたね。

自分の名前を入力するだけで、
脳内イメージを診断してくれるというお遊びツールなのですが、
こういうのが中々侮れないのは、過去の様々なお遊び診断でも実証済み。

これほどの人気が出た「脳内メーカー」。
波に程よく乗り遅れながらも、いっちょ乗ってみることにいたしました。

d0085883_23282248.jpg

80%が食とは、これいかにっ Σ(゜д゜;)

いやしかし、これはあくまでもハンドルネーム。
本名で診断すれば、もちろん結果は変わってくるはず!

ばっちこい、ピュアマイブレイン!
d0085883_23392198.jpg


………。


すっかすか! ΣΣ(゚д゚lll)


これが噂のスポンジ脳!?
しかも、画像が荒くてわかりにくいですが、
「秘」に囲まれて、中央にぽつりと「嘘」の一文字。

これは…、一体どちらが本来のあたしの脳に近いイメージなのか…。
考えあぐねた結果、自分の道は自分で切り開くことにいたしました。


真・neoditaの脳内
d0085883_093417.jpg


…これだ!Σd (`く_,´)
[PR]
by neodita | 2007-09-25 00:17 | アホ話

オラ岐阜さ行くだ

おそらく2日ほど旅行へ行ってきます。
なぜ「おそらく」なのかと申しますと、予約が取れてるか少し微妙だから…。

ちょろっと温泉を満喫して帰ってくるだけなので、
岐阜レポはあまり期待できないですが、癒されてきまーすヽ(´ー`)ノ
[PR]
by neodita | 2007-09-22 06:57 | 日常

よし行くぞー

一度はこの手に抱きしめて 泣かせてやりたい思い切り(裕次郎)

うちのバイト先は、お客様が来ない暇な時間はTVを付けているのですが、
昨日志村けんの特番か何かで吉幾三が出演していました。

あたしは父親の影響もあり、かなり吉幾三が好きなので、
お客様が来ないことを心の底から祈りつつ、激しく見入っておりました。

定番の「酒よ」もかなり素晴らしく、そこでも涙腺を刺激されそうになりましたが、
なんとかこらえ、志村けんとの対談を楽しんでいたのです。

そこで吉幾三が、友人の志村けんに贈る歌を即興で演じたのですが、
これがまた、強烈に感動物でございまして…。


おっさん限界、泣いちゃう。


もうね、反則です。
これで泣くなというほうが、むしろ無理があるんです。

お歌の内容は、吉幾三が主催する地元青森のお祭りに、
志村けんが訪れた事への感謝の言葉と、
今度は自分があなたの故郷へ行くからね…という、
ただそれだけと言えばそれだけの歌なのですが、
なぜでしょう、抗い難い感動が心を揺さぶるのです。


吉幾三の歌には、心があるっ ・゚・(ノд`)・゚・


お客様がいらっしゃらない間に、トイレに駆け込み事なきを得ましたが、
やっぱり吉幾三の歌は最高だと再認識させられた、
バイト中のひとコマでございました。

あたしのオススメは「酒よ」と「情炎」、「酔歌…追伸」ですヽ(´ー`)ノ
[PR]
by neodita | 2007-09-21 11:25 | 日常

それも悪かない

最もセクシーな背の低い男性、トム・クルーズ(挨拶)

また更新に日が開いてしまいました。
第一声は、赤レモン様も大注目のドル箱スター、トム様でございます。
"最もセクシー"の後に、"背の低い男性"と付けずにいられないのは、
ゴールデンラズベリー賞受賞者の貫禄というところでしょうか。

さて、セクシーな話題から始まったことですし、
今日は色男マンセー\(^o^)/な記事で埋め尽くすことにしましょう。
色男と申しましても、あたし的色男ですので、
たとえ誰一人望んでいなくとも、あたし的色男の紹介をしてみようと思います。


時々、「どんな男が好みなの?」という質問を受けることがあります。
その時は概ね「鳥顔の人かな」と答えるのですが、
この"鳥顔"というのが、なんとも抽象的らしく、中々に伝わりにくい。

困惑している相手を放置するのも申し訳ないので、
「鳥顔というか、こう…鷲鼻で、口が厚めの人かな♡」と詳細を付け加えてみます。

でも、ここで"鷲鼻で口が厚め"、と具体的に述べてしまうと、
あたしの求める美とかけ離れた想像をされるのが大半なんですけれども(笑)
まぁ、それもアリです。


しかし、あたしの脳内には確かに「鳥顔」というカテゴリーが存在するのですが、
もしかすると、オリジナルカテゴリーという可能性も無きにしも非ずなので、
ここらで少し一目惚れの用例を用いてご紹介いたしましょう。

neodita発、歴代フェロモニスタのご登場でございます。

d0085883_112359100.jpg

■小学生時■
 藤井郁弥(チェッカーズ)
 小学生の頃は本気で結婚する気だったようです






d0085883_11515260.jpg

■中学生時■
 稲葉浩志(B'z)
 中学生になり、多少色気づきました






d0085883_1282020.jpg

■高校生時■
 今井寿(BUCK-TICK)
 あたしの中で、何かがハジケた気がします






d0085883_1253456.jpg

■紆余曲折時■
 渚カヲル(エヴァンゲリオン)
 当時、目覚まし時計の音はカヲルのセリフ
 「好きってことさ♡」でした






d0085883_12102171.jpg

■試行錯誤時■
 ダレン・ヘイズ(savage garden)
 還るべき場所を見失っています






d0085883_1158319.jpg

■20代前半■
 岡野昭仁(ポルノグラフィティ) ※鳥顔
 OLになり、正気に戻りました






d0085883_125676.jpg

■20代中盤■
 吉井和哉(THE YELLOW MONKEY)
 軽く、吉井と…






d0085883_1372595.jpg

■20代後半■
 MCU(KICK THE CAN CREW)
 MCUを挟み…







d0085883_1383129.jpg

■現在■
 TAKUYA∞(UVERworld) ※鳥顔
 原点回帰、鳥顔最高\(^o^)/





とまぁ、節操などという単語は、萌えるゴミの日に捨て去り、
脊椎反射のイケイケフェロモンライフを満喫しております。


そして……、あれ?


鳥顔フェロモニスタ、2人しかいないじゃんΣ(゜д゜;)


しかも、鳥顔について何の説明にもなっておりません(笑)
これじゃ、ただのイケメンメモリアルですね。
鳥顔とは、ちょっと鷲鼻で、目はまつげが主張していない程度にぱっちりでツリ目気味、
口は小さくない程度に厚め…と、こんなところでしょうか。

以上、鳥顔レクチャーでした\(^o^)/

でもなんとなくですが、あたし的イケメンの傾向がわかった気がします。
ええ、自分でも今初めて気付いたんですけどね。

一人、人間じゃないのも混ざってはいますが、
要は色気があって歌っていれば、もはや何でもいいと言えるレベルのようです。

それでも、「この中で一番誰が好みの顔なんだ」と問われれば、
途中ジャッキー・チェンに似ていた時期があったとしても、
ポルノの昭仁きゅんがダントツ一番なのでございました。
やっぱり鳥顔マンセーということですね。

しかし、あたしが今までお付き合いしてきた男性遍歴を振り返ると、
その大半が上の誰にも似ていない不思議。
つまりは、「惚れるのに外見は関係ない」ということで、
ファイナルアンサーのような気がします。

あたしってば、今いいこと言いましたね。
ここはテストにも出るので、皆さんしっかりメモっといてくださいね。

よし、なんとかそれらしいオチが付いたところで、今日はこの辺で。
最後に、上の9人の中に一人、嘘のフェロモニスタが含まれています。
[PR]
by neodita | 2007-09-20 08:54 | アホ話