<   2007年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

鶴橋漫遊記 2

天外魔境 鶴橋(挨拶)

鶴橋のことを書く前に、とある日のneodita家。
夕飯を家族で食べていたところ、レンタルしてきた洋画を観ながら父が言いました。

ダディ「この映画、おもろいわぁ~!」
あたし「へぇ~、何借りて来たん?」

ダディ「知らん!!」

あたし「・・・・・・・・・・。」
マミィ 「あはははは!」

投げっぱなしはいつものことですが、半ば逆ギレは新技です。
どなたか、攻略法を教えてください・゚・(ノд`)・゚・

では、気を取り直して「鶴橋漫遊記 その2」へどうぞ(ノ'ー')ノ


鶴橋駅に降り立ち、商店街へ足を踏み入れてみて驚いたのは、
その雑然とした町並みでございました。
例えるならば…そう、クーロンズ・ゲート
d0085883_1533182.jpg
d0085883_1556839.jpg

キムチ専門店の向かいがブティックだったり、
鮮魚を取り扱っているお店が立ち並んでいるかと思えば、
脇道には韓流グッズのお店があったり…まったくもって摩訶不思議タウンでございます。

この不思議感覚は、訪れた者にしかわからないかもしれませんが、
失礼を覚悟で申し上げます、一言で例えるならば「混沌」

鶴橋=カオス

 カオス 【chaos】
 ギリシア人の考えた、宇宙発生以前のすべてが混沌としている状態。混沌。無秩序。鶴橋。


この新常識は、広辞苑の第六版あたりで追加されることでしょう。
そうなれば、あたしの名刺の肩書きを「預言者」に書き換えねば。

まぁ、妄想はこの辺にしておいてですね。
その雑多な町並みも、あたしと赤レモン様を惹きつけて已まないわけですが、
随所に散りばめられた究極のカオスに、もはやノックアウト寸前でございました。

まずその一つ目が、休憩所。
鶴橋の商店街は広い、そしてわかりにくい。
疲れたそのおみ足を、どうぞこちらでお休ませください。
d0085883_185501.jpg
と言わんばかりの休憩所。
仏のような慈愛が、この4つの椅子から伝わってきますね。

この椅子に腰掛け、ひと時ダウナーな夕べを過ごした後は、
逸る足をなだめながら、まぐろ食堂へ突貫。
d0085883_1831642.jpg
まぐろへの並々ならぬ情熱が、その店構えから伝わってきます。
でも看板は「オムライスの店」になってますので、
挑戦者はお店を見落とさないようにご注意くださいヾ('~'*)ノ
d0085883_19241773.jpg

この日も、活きのいいマグロが店頭販売されておりました。
あたしのスーパー写真テクのおかげで、左手前のマグロ2つが、
彩度低めになっておりますが、本物はもっと鮮やかでした(_ _)

10分少々並んで、いざ入店。
あたしと赤レモン様、二人揃って「ぶつ切りまぐろ定食」を注文。
d0085883_19301272.jpg
これで700円とか、マジありえないっす(゚ x ゚;)
おかずは左から、まぐろのタタキ、まぐろユッケ、まぐろの赤身ぶつ切り(海苔付き)。

この3種の神器の盛り合わせに、果敢に挑戦するも敗れ去っていった勇者たち…。
その壮絶なる戦いを彷彿とさせる添え書きが、そっとカウンターに貼られておりました。
d0085883_19364787.jpg
ご飯、まぐろが多い時には、ムリせず残してください。

大将、負けたぜ…・゚・(ノ∀`)・゚・
あたいも勇者には一歩及ばず、タタキと赤身を残しました(´・ω・`)
でもユッケがすごい美味しかったので、次はユッケ丼にして完食目指します(`Д´)ゞ

そんな大将の愛と心意気が堪能できるお店、「まぐろ食堂」へのナビは、
簡単・確実!こちらでどうぞ☆(近江屋様、ありがとうございましたm(_ _)m)

お腹も満たされたので、引き続きクーロンズ・ゲートの散策へ。
てくてくと歩いていると、韓流グッズ専門店がちらほらあるのがわかります。
ええ、わかるんですが…。

そうでないお店にも、何故か並ぶ、韓流スタァ靴下。
d0085883_1952161.jpg
コン様………?

しかも、"Yonsama"と流暢な英文字で書かれてはいますが、
おもっきり日本人をターゲットに製作されているのが見てとれます。

あちらこちらで見かけるヨン様靴下に、購買意欲を掻き立てられるのを抑えながら、
ふと目にしたショーウィンドウには…。
d0085883_2041985.jpg
今もっとも売れているバッグの一つ、Chloeのパディントンが!
梅田の直営店でも、売れすぎでいつも品切れだったのに…。
きっと、このお店が買い占めていたのね!

しかし、18万もする鞄をそんな無造作に…、と思いきや。
d0085883_20164110.jpg
お値段なんと1/10!?

♪おっじかんげんて~、だ~い特価です♪は、ダイコクドラッグに任せておくとして、
ちょっと大特価すぎやしませんか?
しかもそんな、スーパーで貼られてそうな値札シールなんかで…。

鶴橋では今、世紀の価格破壊に挑戦しているようです。
そういえば、まぐろ食堂の隣のお店のシーズーは、ヴィトンのリードにお洋服はシャネルでした。

魔境=鶴橋は、実はこんなもんではございません。
まだまだある抱腹絶倒の出来事、どうぞ首を洗ってお待ちくださいませm(_ _)m
[PR]
by neodita | 2007-02-25 21:00 | 旅行

鶴橋漫遊記

他に比べりゃ外国同然!鶴っ橋っストラーット!(挨拶)

ジャスキーポン!!鶴っ橋っ、ストラーット!!
挨拶文を何にしようかとダラダラ考えながら、
ウルフルズの"大阪ストラット(音が出ます)"を気前良く歌っておりましたところ、
ふと、ある事に気がつきました。

「ジャスキーポン(Just keep on)」と「マスターキートン(MASTER KEATON)」は似ている。
いえ、まったくもってどうでもよい話なのですけれどもね。

北海道旅行のお話がまだ全然書けていないので、続きを書こうと思っていたのですが、
一昨日行った大阪鶴橋での事を書けと赤レモン様がご所望なので、
そちらを先に書き上げたいと思います。

ええ、未知との遭遇が満載でございます。

あたしと赤レモン様は先週末の土曜に、"焼肉とキムチの里=鶴橋"へ、
まぐろを食べに行きました。
d0085883_20163465.jpg

(↑あたしは観てませんでした、"マグロ")

わざわざ鶴橋くんだりまで足を運んだのは、"Kansai一週間"に載っていた、
「まぐろ食堂」へ行ってみたかったからです。

何せこの「まぐろ食堂」…、驚くなかれ、公認ファンサイトがあるほどの人気ぶり!
それも頷けるお値打ちメニューの数々は、
多少の電車賃を払ってでも行く価値がありそうです。

"安くて旨い"が大阪の合言葉。
まぁ、それは今あたしが勝手に言ってみただけですが、
ぶっちゃけ、そうでなければ大阪では中々繁盛しません。

それなのに「まぐろ食堂」は、営業時間が3時間ほどなのにもかかわらず、
ファンサイトまであるほどの人気店。

こりゃ一度は食べなきゃ、死んでも死にきれん!
仮に今、あたしが誰かに刺され倒れたとしても、
このままではダイイング・メッセージに犯人の名前ではなく"マグロ"と書いてしまう。
それだけはなんとしても避けなければなりません。
ということで、赤レモン様と期待に胸を膨らませ、いざ行かん鶴橋へ!

大阪で生まれ育って30年。
あたしと赤レモン様、実は初鶴橋なのでございました。
焼肉で有名な町として、イメージは膨らんでおりましたが…。

よもや、これほどの街だとは…!!

まず、ホームとブックオフが繋がっているのか、
ブックオフの入り口に自動改札があります。
住所を調べてみたところ、「大阪市…下味原町 1-1 JR鶴橋駅構内2F」とありました。

赤L様「………ギャレみたい。」

ブックオフとギャレでは、かなり方向性が違うように思えます、赤レモン様…。

まずここで度肝を抜かれたあたし達でしたが、
まさかそれが魔境の入り口だとは、その時はまだ気づいていなかったのでございます。

 ま‐きょう【魔境】
 悪魔や魔物の住む世界。魔界。どんな危険がひそむかわからない人跡まれな地域。(「大辞泉」より)


では、ひっぱるだけひっぱって、次回「天外魔境 鶴橋」をお楽しみに☆
[PR]
by neodita | 2007-02-19 21:19 | 日常

Happy Birthday!

コマンタレブー?(挨拶)

今日、職場で普段あまり言葉を交わさない人に、
急に背後から「誕生日やねんて?おめでとう」と囁かれ、
本気で驚いたneodita30(ネオディタ・サーティ)です、ごきげんよう。

そんな拍手だなんて…盛り上がりすぎですよー。
いやいや、ありがとうございます、ありがとうございます。

今日はなんだか沢山の人に、特に誕生日と言ったわけでもないのに、
「おめでとう」と言ってもらえるなーと思っていたのですよ。
で、お一人つかまえて聞いてみたんですね。

あたし「今日があたしの誕生日って、どなたに聞いたんですか?」
Nさん「ん?いや、喫煙所のカレンダーに書いてるで?」

あたし「なんだって!?( д) ゜゜ ポーン」

喫煙所というのはですね…。
あたしのいる事務所の人だけでも、けっこうな数の方が利用されているわけでして…。

書いたの誰ぇ~ ・゚・(ノ∀`)・゚・
そんなサプライズ(?)が用意されていた一日でございました。

愛するダーリンからは、数日前にプリザーブドフラワーをいただきました(´∀`*)
d0085883_10325.jpg

3ヶ月くらいこの状態でもつそうですよ、科学の進歩は目覚しいですね!
お花は大好きなので、お部屋に飾って毎日眺めております(´¬`*)

赤レモン様からは素敵なネイルセット、
友人Mさんからは4℃の、これまた素敵な小銭入れをいただきました。
みんなありがとー。゜(゜´Д`゜)゜。

30歳も悪くないもんだと、今日ばかりは思いましたとさヾ('~'*)ノ
[PR]
by neodita | 2007-02-15 23:46 | 日常

心理テスト

えるしつているか ねおでたは おかねしかたべない(挨拶)

ただ今、同僚Uさんからお借りしている"DEATH NOTE"全12巻。
連載当初、エルの外見が好きだったので読んでいたのですが、
エルがホニャララされてしまい、ニア&メロ編になってからは萎えて放置していました。

Uさんが全巻揃えたということで、職場で大流行。
赤レモン様が「三上を知らないなんて」と、やたら三上(の恍惚ぶり)を推すので、
Uさんにお借りして、再度完結まで読んでみることにいたしました。

でも、元々文章を読むのに時間がかかるあたし。
漫画も例外ではございません。
"DEATH NOTE"は字が多い上にややこしいので、1冊に2時間以上かかってしまいます。

1日1冊を目標に読み進めているのですが、0時に就寝しようとすると、
早い時間から読み出さなければなりません。

先日も、下手に23時半頃から読み始めてしまい、読み終えて時計を見れば深夜2時前
あたしの中に、「DEATH NOTEは22時以降、読んではならない」という、
格言が生まれた瞬間でございました。

  かくげん【格言】
  短い言葉で、人生の真理や処世術などを述べ、教えや戒めとした言葉。(三省堂提供「大辞林 第二版」より)


そんな日々を過ごしておりましたところ、ラブリー若奥様Kさんから一通のメールが。
ふむふむ…なになに? 心理テスト?

これはアメリカのゲームです。
たった3分で出来ますので、一度やってみてください。
(中略)
このゲームはとても興味深く、かつ、あっと驚く結果を貴方にもたらすでしょう
ただし、約束してください。
絶対に先に問題を読まず、一問ずつ読み解きながら進む事。
ペンと紙をご用意下さい。では始めましょう。


ふむふむ、答えを見てからじゃだめなのね。
じゃあ言われるままに進んでみましょう。
お暇な方はご一緒にどぞー(´∀`*)


◆まず1番から11番まで、縦に数字を書いてください。


◆1番と2番の横に、好きな3~7の数字をそれぞれお書き下さい。


◆3番と7番の横に、それぞれ興味のある異性の名前をお書き下さい。
  ダーリン以外の気になる異性なんているわけないので…。
  考えあぐねた結果、あの方にご登場いただきましたヾ('~'*)ノ


◆4、5、6番の横に、それぞれ自分の知っている人の名前をお書き下さい。
  これは男女問わず、家族、知り合い、友人、誰でも結構です。

  ここはとりあえず、長いお付き合いの方々を書き連ねてみました。


◆8、9、10、11番の横に、歌のタイトルをお書き下さい。
  適当に、最近のMyヘビーローテーションナンバーを書き書き。


質問は以上でした。
あたしの回答は下記のとおり。

1 5
2 3
3 赤レモン様
4 友人M
5 母
6 mkちゃん
7 ダーリン
8 Flavor Of Life(宇多田ヒカル)
9 Baby Don't Cry(安室奈美恵)
10 マタアイマショウ(SEAMO)
11 Bad day(Daniel Powter)


では解説へいってみましょう!


* * * * * * * * * * * *   ここから解説です   * * * * * * * * * * * *


◆このゲームの事を、2番に書いた数字の人に伝えて下さい。

 2 3 ←この数字の人…ということで
 3 赤レモン様 ←この方(笑)

◆3番に書いた人は、貴方の愛する人です。

 3 赤レモン様 ←Σ(´д`*) なんとっ

◆7番に書いた人は、好きだけど叶わぬ恋の相手です。

 7 ダーリン ←Σ(゚д゚lll)ガーン

◆4番に書いた人は、貴方がとても大切に思う人です。

 4 友人M ←大切に思ってますよ('~'*)

◆5番に書いた人は、貴方の事をとても良く理解してくれる相手です。

 5 母 ←Σ(´д`*)あたってる…

◆6番に書いた人は、貴方に幸運をもたらしてくれる人です。

 6 mkちゃん ←(´∀`*)わくわく♪

◆8番に書いた歌は、3番に書いた人を表す歌。

 8 Flavor Of Life(宇多田ヒカル) ←赤レモン様へ捧ぐ…

◆9番に書いた歌は、7番に書いた人を表す歌。

 9 Baby Don't Cry(安室奈美恵) ←これは当たってる…

◆10番に書いた歌は、貴方の心の中を表す歌。

 10 マタアイマショウ(SEAMO)
 確かに、最近過去の恋愛に決別できてこんな気分でした。

◆そして、11番に書いた歌は、貴方の人生を表す歌です。

 11 Bad day(Daniel Powter) ←ちょ…(笑)


とまぁ、こんな感じでございました。
皆様は当たってましたか?
あたしはかなり当たってるほうだったんじゃないかなと…。

「あっと驚く結果を貴方にもたらすでしょう」という前書きのとおり、
ほんとにあっと驚かされましたよ(特に3番)。

しかも、9番に書いた歌って言うのがですね、
ダーリンと話していた時に、「この歌を聞くとダーリンを思い出すよ」と言っていたんです。
この心理テストを作ったアメリカ人は、きっとエスパーに違いない。

そして、11番に書いた"Bad day"は、色んなことで疲れていたあたしに、
ダーリンがくれた一曲でございました(笑)
あたしの人生、この一曲に凝縮されております。

ん?どんな歌かって?
良い子は耳の穴かっぽじって、よく聞いときな♪

 今日はついていなかったんだよ カメラは嘘をつかない
 夢から覚めるよ それでいいんだよ
 ついてなかっただけだよ
 ついてなかっただけ


あたいの人生って… ・゚・(ノ∀`)・゚・

ってここだけ抜粋するとダニエルとダーリンに申し訳ないので、
ちゃんとした和訳はこちら

まぁ、そんなこんなで長くなりましたけど、楽しんでいただけてたら嬉しいです(´∀`*)
案外これで友人に親近感が増したりして☆
皆様もぜひ、ご友人と遊んでみてくださいねヾ('~'*)ノ
[PR]
by neodita | 2007-02-10 12:56 | 日常

がんばります

とりあえず、ちょっと落ち着いてきたのでブログ再開。

d0085883_23574927.jpg








  。o ( がんばります… )
[PR]
by neodita | 2007-02-08 00:01 | 日常

のんびりと再開

やずやの発芽十六雑穀、うまい(挨拶)

あのやずやのCMで、「やずや…、やずや…」と言っている声を、
ずっと日本昔話の男性(市原悦子ではない方)だと思っておりました。
だって、似てません…?

あたしだけですか、そうですか。

さて、ブログをお休みしている間に、色々旅して参りましたヾ('~'*)ノ
まずは、ずっと行ってみたかった北海道。
大阪で生まれ育ったあたしには、一面の雪景色なんてスキー場くらいしか記憶になく、
しかもスキー場は滑るのに必死で、周りの景色を楽しむ余裕がまったくなく
北海道では雪景色を堪能するぞ!と意気込んでおりました。

が、しかし。
北海道へ旅立つ前に、あたしには超えなければならぬ大きな壁があったのでした。

そう、それは… 飛行機です。

時代は昭和から平成へ、ミレニアムもとうの昔に到来したというこのご時世に、
あたしはいまだ、「鉄の塊が空を飛ぶなんて!」という思考に縛られております…。
いやだってほら…飛行機ってそうとう重いじゃん?みたいな。

赤L様「そんなん、飛行機が落ちるとかまずありえへんから!」
あたし「墜落事故で犠牲になった人たちも、落ちる寸前まではそう思ってたはずやって…。」

あたし「まさか落ちるとは…っていう、その"まさか"が今かもしれんやんか!」
赤L様「なんや、国内線墜落事故のパイオニアになるって言うんか…。」

と、同行者の赤レモン様に、甚だ呆れられたのは言うまでもありません。
怖いものは怖いんだもん…しょうがないじゃないヽ(`Д´)ノ

初関空ですっかりおのぼりさん気味のあたしを余所に、
てきぱきと搭乗手続きを済ませる赤レモン様、さすがに慣れてらっしゃいます。

赤レモン様に言われるがまま、カウンターへ荷物を預けたり、
手荷物や上着をトレイに乗せたりして、気がついてみると手続きはすべて終了。

もう窓ガラスの向こうには、我々を乗せてくれるジェット機様が鎮座されております。
「あぁ…、あの子にあたしの運命を委ねるのね…。」と感傷に浸っていたのですが、
ふと、憧れだったアレはどこでやるのかと、疑問に思いました。

あたし「ねぇねぇ、あの、金属探知機のゲートくぐるやつ、どこでやるん?」
赤L様「え? もうくぐったやん。」

あたし「なんだって!?(  д) ゜゜ ポーン」

いつのまに!? てゆか、どれがそれだったの!?
ジーンズのポッケにヘアピン入れていたので、
くぐった時に鳴るかなと思っていたのですが…、文字通りスルーのようでした。

いざ飛行機へ乗り込み、離陸アナウンスの後、待てど暮らせど離陸の気配なし…。
その時の心境といえば、ジェットコースターで最初の坂を上りつめ、
いよいよ落ちますよってところで寸止めされたような、生殺し放置プレイ

滑走路の順番待ちで、20分ほど旋回しては止まり、旋回しては止まり…。
もうほんと、殺るならどうぞ、ひと思いに殺ってくださいって心境でした。

機体が動く度に挙動不審なあたしに、赤レモン様は始終楽しそうでしたけどねヽ(`Д´)ノ

離着陸の時の揺れや重力よりも、滑走路を走っている時が一番怖かったのは内緒です。
だって、スピード恐怖症なんだもん…(ρωT)

そして無事、機体は北海道の地へ着陸。

赤L様「なんやぁ~、怖い怖い言うてたわりに、ちゃっかり早めにシートベルト外してたやん。」
あたし「え…、全部あなたをお手本にしてたんですが…。」

赤L様「ん?シートベルトは一応着陸しきるまでは外したらあかんねんで?」
赤L様「あたしは苦しかったから勝手に外してただけ♪」

あたし「…………。」

帰りは機内アナウンスをちゃんと聞いて、自分の意思で行動しようと思いました…。

d0085883_2024186.jpg

♪あ~あ~あああああ~あ~… あ~あ~あああああ~あ~…(by さだまさし)
[PR]
by neodita | 2007-02-07 19:58 | 旅行