カテゴリ:アホ話( 18 )

BSEの危機

おじいさん、BSEってなぁに?(挨拶)

少し前に、「脳内メーカー」というものが流行りましたね。

自分の名前を入力するだけで、
脳内イメージを診断してくれるというお遊びツールなのですが、
こういうのが中々侮れないのは、過去の様々なお遊び診断でも実証済み。

これほどの人気が出た「脳内メーカー」。
波に程よく乗り遅れながらも、いっちょ乗ってみることにいたしました。

d0085883_23282248.jpg

80%が食とは、これいかにっ Σ(゜д゜;)

いやしかし、これはあくまでもハンドルネーム。
本名で診断すれば、もちろん結果は変わってくるはず!

ばっちこい、ピュアマイブレイン!
d0085883_23392198.jpg


………。


すっかすか! ΣΣ(゚д゚lll)


これが噂のスポンジ脳!?
しかも、画像が荒くてわかりにくいですが、
「秘」に囲まれて、中央にぽつりと「嘘」の一文字。

これは…、一体どちらが本来のあたしの脳に近いイメージなのか…。
考えあぐねた結果、自分の道は自分で切り開くことにいたしました。


真・neoditaの脳内
d0085883_093417.jpg


…これだ!Σd (`く_,´)
[PR]
by neodita | 2007-09-25 00:17 | アホ話

それも悪かない

最もセクシーな背の低い男性、トム・クルーズ(挨拶)

また更新に日が開いてしまいました。
第一声は、赤レモン様も大注目のドル箱スター、トム様でございます。
"最もセクシー"の後に、"背の低い男性"と付けずにいられないのは、
ゴールデンラズベリー賞受賞者の貫禄というところでしょうか。

さて、セクシーな話題から始まったことですし、
今日は色男マンセー\(^o^)/な記事で埋め尽くすことにしましょう。
色男と申しましても、あたし的色男ですので、
たとえ誰一人望んでいなくとも、あたし的色男の紹介をしてみようと思います。


時々、「どんな男が好みなの?」という質問を受けることがあります。
その時は概ね「鳥顔の人かな」と答えるのですが、
この"鳥顔"というのが、なんとも抽象的らしく、中々に伝わりにくい。

困惑している相手を放置するのも申し訳ないので、
「鳥顔というか、こう…鷲鼻で、口が厚めの人かな♡」と詳細を付け加えてみます。

でも、ここで"鷲鼻で口が厚め"、と具体的に述べてしまうと、
あたしの求める美とかけ離れた想像をされるのが大半なんですけれども(笑)
まぁ、それもアリです。


しかし、あたしの脳内には確かに「鳥顔」というカテゴリーが存在するのですが、
もしかすると、オリジナルカテゴリーという可能性も無きにしも非ずなので、
ここらで少し一目惚れの用例を用いてご紹介いたしましょう。

neodita発、歴代フェロモニスタのご登場でございます。

d0085883_112359100.jpg

■小学生時■
 藤井郁弥(チェッカーズ)
 小学生の頃は本気で結婚する気だったようです






d0085883_11515260.jpg

■中学生時■
 稲葉浩志(B'z)
 中学生になり、多少色気づきました






d0085883_1282020.jpg

■高校生時■
 今井寿(BUCK-TICK)
 あたしの中で、何かがハジケた気がします






d0085883_1253456.jpg

■紆余曲折時■
 渚カヲル(エヴァンゲリオン)
 当時、目覚まし時計の音はカヲルのセリフ
 「好きってことさ♡」でした






d0085883_12102171.jpg

■試行錯誤時■
 ダレン・ヘイズ(savage garden)
 還るべき場所を見失っています






d0085883_1158319.jpg

■20代前半■
 岡野昭仁(ポルノグラフィティ) ※鳥顔
 OLになり、正気に戻りました






d0085883_125676.jpg

■20代中盤■
 吉井和哉(THE YELLOW MONKEY)
 軽く、吉井と…






d0085883_1372595.jpg

■20代後半■
 MCU(KICK THE CAN CREW)
 MCUを挟み…







d0085883_1383129.jpg

■現在■
 TAKUYA∞(UVERworld) ※鳥顔
 原点回帰、鳥顔最高\(^o^)/





とまぁ、節操などという単語は、萌えるゴミの日に捨て去り、
脊椎反射のイケイケフェロモンライフを満喫しております。


そして……、あれ?


鳥顔フェロモニスタ、2人しかいないじゃんΣ(゜д゜;)


しかも、鳥顔について何の説明にもなっておりません(笑)
これじゃ、ただのイケメンメモリアルですね。
鳥顔とは、ちょっと鷲鼻で、目はまつげが主張していない程度にぱっちりでツリ目気味、
口は小さくない程度に厚め…と、こんなところでしょうか。

以上、鳥顔レクチャーでした\(^o^)/

でもなんとなくですが、あたし的イケメンの傾向がわかった気がします。
ええ、自分でも今初めて気付いたんですけどね。

一人、人間じゃないのも混ざってはいますが、
要は色気があって歌っていれば、もはや何でもいいと言えるレベルのようです。

それでも、「この中で一番誰が好みの顔なんだ」と問われれば、
途中ジャッキー・チェンに似ていた時期があったとしても、
ポルノの昭仁きゅんがダントツ一番なのでございました。
やっぱり鳥顔マンセーということですね。

しかし、あたしが今までお付き合いしてきた男性遍歴を振り返ると、
その大半が上の誰にも似ていない不思議。
つまりは、「惚れるのに外見は関係ない」ということで、
ファイナルアンサーのような気がします。

あたしってば、今いいこと言いましたね。
ここはテストにも出るので、皆さんしっかりメモっといてくださいね。

よし、なんとかそれらしいオチが付いたところで、今日はこの辺で。
最後に、上の9人の中に一人、嘘のフェロモニスタが含まれています。
[PR]
by neodita | 2007-09-20 08:54 | アホ話

ダディ 2

蛙の子は蛙なのでしょうか(挨拶)

ジェッ㌧から、「蛙の子は蛙、天然の子は天然かね」と言われ、
さり気なく傷ついたあたくしでございます、ごきげんよう。


うちの父親が、今日もまた不思議っ子魂を発揮しておりました。
TVを観ていたあたしの前に突然立ちはだかり、

父「あの126億は、あれか?本人に入るんか?」

私「……… へ???」

なんのことかわからず、一瞬フリーズしたあたし。
時期的になら話題は3億のはずだけど…、なぜに126億!?
てか、あの126億ってどの126億だよ!状態。

私「あの…一体なんの話?126億って何?」
父「せやからあれや、ほら…稼いだ126億が本人にいくんか、会社にいくんか。」

この父親に126億稼ぐ甲斐性はないので、うちの家の話ではない。
とすると、世間のニュースかしら?

私「だからね?その126億とやらはどなたがお稼ぎになったんですか?」
父「みんな言うてるやんか、ほら、あの……、倖田や、倖田!」


・・・・(´゜Д゜`)・∵.’


くぅちゃんの財布事情なんか知るか━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

いきなり投げつけてきた疑問がコレですよ…。
話が噛みあわないとかいうレベルではなく、意味がわからない。
もうね、脱力でございます…。

しかも有名人の話をしたいけど名前が出てこない場合は、
すべて「あいつ」で通します。
以前の話。

父「あいつが今度日本に来るらしいで。」

ここから推理スタートです。
日本に来る、という時点で外国人ということになります。
彼の知る外国人は、大概は映画俳優かスポーツ選手。

私「あいつじゃわからんから、何に出てる人?
父「あれや、ほら…ほら!空飛んだりするやつ!」

ここで映画俳優という選択肢が濃厚に。
父が観そうな映画に絞る作業を挟んで、個人名を割り出そうと試みます。
…が、アクションが大好きな父なので、残念ながら空を飛ぶなんざ毎度のこと。

私「今は猫も杓子も空飛ぶからねぇ~、ちょっとそれだけじゃあねぇ…。」

父「あれや!有名な俳優が出てるやつ!」

あなたが知ってる時点で、おそらく超有名ですからー!!
こんな問答を繰り返し、判明する場合もあればしない場合もあるという。
基本投げっぱなしです。

誰か翻訳コンニャクをあたしにください・゚・(ノд`)・゚・

この時は適当にあたしが言った数本の映画の中で検索ヒットしたらしく、
マトリックス(空飛んだ部分)の、キアヌ・リーブス(有名な部分)のことでございました。

そろそろギブアップしたいです。
[PR]
by neodita | 2006-12-23 01:42 | アホ話

お年玉の裏側

石川と 東京、続いて 北海道(挨拶)

1月に赤レモン様と北海道へ行くことが決定いたしました(´∀`*)
前々からずっと行ってみたかった北海道、とっても楽しみでございます。
札幌駅周辺でいいお店の情報があれば、教えていただけると嬉しいです!

しかし。
その前に恒例のアレがあるのですよ…。


お年玉(- -;)


母方の祖母が沖縄の人なので、沖縄的常識によるとですね、
親戚、いとこ、その伴侶の親兄弟にいたるまで「近しい身内」とみなされるようでして…。
その「近しい身内」のお年寄りと子供達には、大人はお年玉を配ることになるわけです。

あたしは永遠の18歳だから…とか、そんなふざけた言い訳が通用するわけもなく、
二十歳を少し超えたあたりから、小さな子にはお年玉をあげるようになりました。

いとこが軒並み既婚の我が親族、年々ベビーが増え続けております…。
9人+お婆さん1人。
これ、いとこ側だけの数字ですよ。

単身者で尚且つ派遣社員のあたしにとって、この数字は死活問題でございます。
かといって、お子さんが産まれるのはもちろんおめでたいことなので、
「そろそろそのベビーブームも打ち止めにしてくれ」などという、
我が財布の叫びは口が裂けても言えません(当たり前)。

親戚は考え方も違うようですが、親戚側はまだお子さんがいらっしゃらないので、
いとこ側だけの被害、出費で収まっております。

例年なら、年齢に合わせて多少金額に差をつけて渡していたのですが…。
今回はすぐ先に北海道旅行が待っているわけです。
そんなホイホイお金をばら撒いている場合ではございません。

心を鬼にして考えるのよ、neodita!
出費を最小限に、子供達も喜ぶ方法を生み出すのよ…!

そして考えついた策が…。


当たり付きお年玉。


これだ!!
お年玉付き年賀状ならぬ、当たり付きお年玉。
いいじゃない、ワクワクする要素満載じゃない。

当たり付きというのは、お金と一緒に入ってるクジで"当たり"が出たら、
何か景品が貰える…というものにしようと思っています。

ということで、お年玉の額は千円均一に決定!
ざまーみろチビっ子どもめっ(`□´+)
いつもあたしをババア扱いしおってからにっ(`□´+)

まぁ、叔母のお母さんにあたるお婆さんには、
さすがにこのジョークは通じないと思われるので、例年通りでいきますが(笑)

で、肝心の当たりの景品は何か、と申しますとですね。
あたしの使い古しのDSソフトやらが贈呈されるわけなんですね。

子供喜ぶ、懐あったか。
一粒で2度美味しい作戦で、新年を無事乗り切ろうと思います。
[PR]
by neodita | 2006-12-06 13:11 | アホ話

記憶の糸

我が脳の 推定年齢 70歳(挨拶)

★ 突発企画 ★ 今月中のいつか、ご来訪者様(勝手に)コラボ企画 空想物語 「でたらめクエスト」 24時間限定公開!お楽しみに!

冷え込んだり、暖かくなったり、風邪が流行する季節ですね。
春に開けたピアスの穴が、未だに完全治癒する気配のないこの体が悲しいです(´д`;)
近年は体調を回復するのに、めっきり時間がかかるようになりました。

でも、歳を取って悪いことばかりではありません。
歳を取ると丸くなる…とはよく言いますが、まさにその通り。
年々、自分の中の「怒りゲージ」が長くなっている気がいたします。

時には「えっと、さっきは何に対してイラついてたんだっけ」などと、
気が長いというよりむしろ、アルツハイマーの恐れも自覚し出している始末。
かなり人生巻きが入っておりますね。

でもまぁ、「怒る」という行為は、なんとも無駄にエネルギーを使うので、
それを回避する為の本能ゆえの行動なのだと、納得することにいたしました( ̄- ̄)

そんなキワキワなあたしの記憶中枢でございますが、
数年前に出会った、あるゲームソフトが忘れられません。

その名は…「SGGG(セガガガ)」。

コアなユーザー揃いのSEGAから発売された、ドリームキャスト用ソフトだったと思います。
SEGAでゲームを作り、会社を盛り上げていく…そんなお話だったと思うのですが、
登場キャラクターやBGM等、ひと癖もふた癖もあるような、
とってもイロモノ臭漂う、魅惑のゲームだったのを覚えております。

何度も爆笑させていただいたそのキワモノセンスの中でも、
群を抜いてキョーレツだったのが、「秋葉原MAPの歌」でございました。

男性がか細い声で合唱している(ように聴こえた)その曲は、
MAP移動で秋葉原へ行くとBGMとして流れているのですが、
これがまた、なんとも胡散臭い。
けれども今、どうしようもなくあの歌が聴いてみたいのです。

しかし、あたしの家にドリームキャストなどなく、
あったとしても、ゲームソフトを購入するつもりもなく、
なんとかネットで聴くだけでもできないものかと、悪あがきをしていたところ…。

代わりにこんな情報を入手してしまいました。

"全世界80億人の「セガガガ」フリークの皆様"ではないけれど、
この魔力に逆らえる自信がないあたくしでございます…。
[PR]
by neodita | 2006-11-21 14:19 | アホ話

シャア故にIROMONO

ララァ、私を導いてくれ…(挨拶)

New!! ★ひろたんのブログをリンクに追加しました ★

"ガンダム・キャラクター占い"でシャアと言われたneoditaです、ごきげんよう。

実はあたくし、ガンダムをよく知りません。
ある日ガンダム好きの友人とガンダムの話になり、
ザクを指差して「このガンダムはあんまり強くなさそうやね」と言ったところ、
ものすごく怒られてしまいました。

あたしの頭の中では、機動戦士ガンダムに於ける「ガンダム」とは、
固体名称ではなく、ロボットの総称だったのです。

その後、その友人の強い脅し、説得により初代ガンダムを5話あたりまで観ることに。
おかげでエンディングが少し歌えるようになりました。
アムロ~振り向かない~で~… フフフ~ン…(結局わからない)

今は赤レモン様に「ガンダムを観ろ」と脅され、説得されております…。
助けて、ララァ…。


今日mkちゃんにメールを送ろうと思っていたら、
反対にmkちゃんからメールが来てびっくり。
彼女とは、度々こんな偶然が訪れます(´∀`*)

ありがたくも、あたしのブログにハマってくださってるとのこと。
なので気をよくして、URL占いで我がブログを占ってみました。
こりゃ「人気ブログになるでしょう」とか出ちゃうんじゃないの!?

neoditaさんのサイトはイロモノ サイトです!

ちょ……っ(笑)
いくらなんでも、ぶっちゃけすぎじゃあございませんか?
もうちょっと、こう…オブラートに包んでですね…。

あなたのサイトは、イロモノサイトの可能性が高いです。
もしかしたら、あなた自身は、正統派をめざしているのかもしれませんが、
その視線が独特すぎるため、結果的にイロモノになっています。
そのため大ヒットはしないかもしれませんが、
一部の濃い人たちには、人気を得るでしょう。
よかったですね。


慰めの言葉キタコレ(ノ~`)
mkちゃんごめんなさい、こんな場所であなたを濃い人認定してしまいました(笑)
この辱めにも負けず、強く生きてください。

そして、以前自分で自分のブログをイロモノだと銘打っていたのは、
どうやら間違いではなかった様子。

このブログをご覧の皆々様、これからもこの自他共に認めるイロモノブログを、
どうぞ末永くよろしくお願いいたします(´∀`*)
[PR]
by neodita | 2006-11-17 14:59 | アホ話

姓名の神秘

ああっ ご先祖さまっ(挨拶)

先日仕事中に、とっても変わった苗字の方を見かけました。
正直、「うわ…これはすごい…。」と思ってしまうほど。
個人情報保護法があるので、その方のお名前を紹介するわけにはいきませんけど(笑)

現在このジャポネには、約50,000もの苗字があるそうです。
それでついつい調べてしまいました。
【日本の苗字7000傑】

その方の苗字の順位を調べると… 圏外 ( д) ゜゜ ポーン
「まぁ、そりゃそうか。」と思わざるを得ないほど、珍しい苗字の方だったのです。

そして遊び心のついでで、自分の苗字の順位も検索。
500番台中盤でございました(´∀`*)
約35,000人の同じ苗字の方がいらっしゃるそうなので、
数十人くらいは同姓同名っているのかもしれないなー、とか。

同姓同名の方と数人でお喋りしてみたい…妄想は膨らむばかりでございます(´¬`*)

そこで、同姓同名さんがドッペルゲンガーかどうかはわかりませんが、
あたしのドッペルゲンガーさんの手がかりを調べてみました。
【ドッペルゲンガー探偵局】

● 調査報告 ●
※以下、本名のためHNのneoditaに変換してお送りします。


neoditaさんの分身は、現在静岡で、
サッカーボールを顔面に受けて鼻血を出しています。


オーケイ、ボス。
マイブラザーの危機らしい、ちょっと行ってくる(`Д´)ゞ

あなたはたぶん覚えていないでしょうが、ちょうど1年前、
あなたは寝ている時に、偶然、
「おうおうおう!、この桜吹雪が目に見えねえか!」のポーズをとったのです。
それは、まさに分身を生み出す魔法の寝相でした。
その結果、あなたの分身が生まれてしまったのです。

あなたの分身は、しばらくの間、近所の産婦人科で
産湯のお湯を沸かすバイトをしていましたが、その後、
「大黒堂neodita」と名前を変え、東洋一の凧上げ師になるための修行のために、
アイスランドへ行き、現地の薬屋で新薬の人体実験のバイトをして、
生活費を稼ぎながら、修行を続けていました。


ブラザー…苦労したんだね・゚・(ノд`)・゚・

しかし、その後、いんきんにかかったことがきっかけで人生観が変わり、
半年前に「アボカドneodita」に改名して、
現在は静岡でサッカーボールを顔面に受けて鼻血を出しています。
そして、深夜のテレビショッピングを良く見ています。
時には、ミイラのかっこうをして、亀の背中に乗って遊んでいます。


ボス…、ブラザーと友達になるには時間がかかりそうです…。
アボガドって…もう何もかもが日本人離れだよ…。

そんな彼女にも悩みがあります。
それは、部屋中にダニがわいて、体中がかゆくてかゆくて仕方ないことです。


えっ!女性!?
しかも不衛生なお部屋にお住まいの女性!?
……もう助けてボス(;´ρ`)

現在は、分身の方が、
あなたより、30%幸せに暮らしています。


ボス…あたい、いんきんに負けたよ・゚・(ノ∀`)・゚・
ん?なになに、ドッペルブラザーからあたしにメッセージ??

彼女から、あなたへのメッセージ
「現在、使っているインターネットのプロバイダですが、
テレホーダイの時間になると猛烈に遅くなります。
そろそろ乗り換えようかと考えています。」


知るか━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

あまりに奇想天外なドッペルゲンガーだったので、
静岡には絶対に行かないようにしよう…、そう心に誓ったあたくしでございました。
[PR]
by neodita | 2006-11-14 18:54 | アホ話

まだ見ぬ王子様へ

是が非でも ニキビと言いたい 吹き出物(挨拶)

New!! ★てっちゃん&ジェッ㌧のブログをリンクに追加しました ★

このブログは、できるだけ2日に1回は更新するように心がけております。
が、そう毎日何かネタがあるわけでもない。
そんな時にお役立ちなのが、バトンや占い、診断等でございます。

本日ネタ探しに診断サイトをうろうろしておりましたら、
こんな恋愛診断サイトを発見いたしました。
質問内容はとりわけ珍しいところもありませんが、何が面白いかと申しますと…。

運命の人の顔を教えてくれるのです。

意気揚々と診断スタート!
どんと来い山下智久!と思っていたら…。

【neoditaさんの運命の人の顔は?】

d0085883_20294515.jpg

←これ



うわやっべ、マジ一目惚れ!

………んなわけねーだろ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
しかも、箇条書きにはこんな文章が。

 細い目と丸い鼻と大きな口、シャープな輪郭が特徴的です。
 こんな人と出会ったら、絶対に逃しちゃダメですよ。


大きなお世話です…(笑)
大きな口、シャープな輪郭は結構好みだったりします。
え、マジで運命の人キタコレ?

じゃあ他のところも読んでみよう…ふむふむ。

【neoditaさんの理想のお相手と出会いの場所は?】

 neoditaさんにぴったりのお相手は、優しく一緒にいて安らげるような男性です。
 あなた自身が心を開いて話が出来るような男性が理想的です。
 そんな人と一緒なら、きっと末永く付き合っていくことが出来るでしょう。


へー(´・д・`)

【neoditaさんの結婚は?】

 neoditaさんの結婚適齢期は30歳~35歳です。
 遊びも仕事も一通りこなした30代以降に結婚のご縁がありそうです。
 決して早くはありませんが、じっくりと相手を選んで、幸せな結婚が出来そうです。


下線あたりはスルーして、ここはちょっと信じておこう(´∀`*)
と、あくまでも自分に都合よく解釈して終了。

王子様探しの旅に出ようと思います…。


d0085883_20291698.jpg

←王子様(仮名)



 ● 指名手配中 ●
[PR]
by neodita | 2006-11-10 20:43 | アホ話

拝啓、amazon 様

よく利用させていただいているamazon.co.jpから、
オモシロメールが届いていたのでご紹介。

d0085883_20205580.jpg

amazon.co.jp様…。
ルービックキューブなんて、言われるまで存在すら忘れてましたよ。
あまりの衝撃に、思わず赤線引いてしまいました。

はて…、ルービックキューブなど…?
今までamazonではCD、DVD、DSソフト以外購入した覚えがないので、
じっくりみっちり考えてみたところ、ある文章が目に留まりました。

「NEWスーパーマリオブラザーズ」がルービックキューブに!

…これか(笑)
確かに「NEWスーパーマリオブラザーズ」はamazonで購入しました。

でもですね、拙いあたしの頭でもこれくらいはわかります。

わざわざ通販でルービックキューブを買う人の数より、
「NEWスーパーマリオブラザーズ」を買った人の数のほうが、
明らかに多いと思われます、amazon様。

それともアメリカ本社では、上記の立場が逆転してるとでも言うのでしょうか。

これが本場のアメリカン・ジョークなんだと、
日本人の拙者に見せ付けるためのメールに違いない。
ウィットに豊みすぎでございます。
[PR]
by neodita | 2006-11-06 20:44 | アホ話

どんとこい編集長

筋肉痛 翌日くれば ひと安心(挨拶)

昨日の歩き疲れが足に来たようです。
一昨日のではないと自分に言い聞かせながら、ふくらはぎを揉み揉み。

先日、宣伝会議主催のセミナーへ参加してきました。

会場まで、愛車の"こまわりさん"(ちび自転車)でキコキコこいで40分。
開演30分前には会場入りして、スタッフさんからパンフレットを受け取り気が付きました。

「編集・ライター志願者のための、仕事研究セミナー」


これ、あたしが受けたかったセミナーじゃない。


まぁ、分かりやすく説明いたしますと、ぶっちゃけ間違えた、と。
しかも会場を間違えたんじゃございません。

受けるセミナーを間違えてました( ̄▽ ̄*)ゞ
あたしのβακα..._〆(゚▽゚*)

しかし、こんな業界の生の声は中々聞く機会もございません。
とりあえず聞いて帰ろうと着席。
あたりを見回すと…想像以上に20歳前後ばかり(´Д`;)

2つ隣のピチピチ娘に、「あたしゃあんたの1.5倍生きてんだぜ、へへ」と、
勝ち誇った笑みを浮かべたところで、心はまったく救われません。

こりゃ若作りしてショートパンツでも穿いてくればよかったかと思いましたが、
通報されそうなのでやめて正解だと思いました。

講師には"Hanako WEST"の編集長様が招かれていて、
業界のちょっとした裏話や、編集の立場、ライターの気持ち等々、
とても興味深い話がてんこ盛りで、楽しい時間を過ごせました。

就職に役立つかは…個人差ということで(笑)

帰りにちゃんと"Hanako WEST"を買って帰りましたとさ(´∀`*)
[PR]
by neodita | 2006-11-06 17:27 | アホ話