憂鬱と(悦)の螺旋

PVのKEIGOが石井竜也に見えてしょうがない件について(挨拶)

ほんとにもう、この声たまりません。
毎日「Answer」のKOHSHI兄さんにメロリンQなわけですが、
勝手に兄さん呼ばわりしておいて、この人一体いくつなんだろう…と調べたところ、



同い年!?ヽ( Д)ノ ゜ ゜



しかも2ヶ月とはいえ、あたしのほうが上だという事実に、驚きを隠せません。
30歳と思って見ると特別違和感はないのですが、
同い年と思って見ると、なんでしょう、このしっくりこない感じは…。

ええ、わかってます。
三十路という現実を受け入れきれていないだけです・゚・(ノд`)・゚・

でも勢いで9月27日の大阪でのLIVEチケを購入してしまいましたヾ('~'*)ノ
KOHSHI兄さんの生声だけで、今のあたしなら3機は死ねそうです。
3年前と会場が同じなので、あの小さなハコでの熱気を思い出して大興奮、
血の巡りも良くなって、一石二鳥でございます。


そして、血行が良くなるといえばですね。
先日ダーリンの元から、待ちに待った「ビリーズブートキャンプ」がやって参りました。
(※公式販売サイトはいきなり音が出ます。)

土曜のお昼間、家で一人になった時を見計らって入隊してみたのですが…。

Disk1のプログラムは全部で55分。
20分を過ぎたあたりから息が上がりだし、
35分を超えた頃には、もはやトランス状態に入っておりました。

ビリー隊長の後ろ、節目節目で奇声を発するシェリーの気持ちが、
文字通り痛いほどわかりました。
きつい姿勢、きついスピードで繰り返される地獄の8カウント。

「こ、このカウントを終えるまでの我慢よ!」と、
痛みに打ち震える我が身を励ますも、ビリー隊長の



「ワンモアセッ!!」



全てがリセットされ、再び地獄の8カウントが始まります。
声高々に「よし、もう1セットだ!」と言いながら、
なんてことはない、涼しい顔して2~3セットやらせるわけです。

そして、限界を超えた体に鞭を打ち、耐えに耐えた時に出る終了の合図。

シェリーでなくても「ア~~~~~~オゥ!!」と、
獣じみた悲鳴が漏れるというものです。

そして50分を経過したあたりから、好戦的だった音楽が一変、
緩やかな優しい音楽へと変わります。
ゴールを予感させる雰囲気の中、最後の柔軟ですら容赦なし。

隊長!自分はもう限界であります!
大腿四頭筋が悲鳴を上げて炎上中であります!!

そんなあたしの叫びをよそに、TVから爽やかな笑顔を向けるビリー隊長。
体から出て行こうとする魂をなんとか繋ぎとめると、
隊長から戦友(とも)に向けられた、ねぎらいのメッセージが。

ラストは一世を風靡したあの…、



ヴィクトリ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!!!



この爽快感はたまりませんが、膝がケタケタ楽しそうに笑っています。
しかも終わった1時間後には美容院の予約が入っていたので、
フラフラの体で軽くシャワーを浴び、美容院5時間耐久レースへ挑みました。

■ この日の行動 ■

起床

自室の片付け

シャワー

ブートキャンプ

シャワー

美容院

犬の散歩

犬をシャンプー

シャワー


就寝


シャワーどんだけ(笑)

そして日曜の朝、めでたく筋肉痛がやってきました。
「あたしもまだまだ若いわね♪」と一瞬喜んだわけですが、
おそらくは、一日ねかす余裕もない程のダメージだったんだと思います。

本当は毎日続けなければならないところですが、
日曜のあたしは動きがあまりにロボめいていたので、
月曜からのバイトに支障をきたすと考え、日・月曜はお休み。

幸い、今日には痛みもほとんど消えていたので、
板チョコ腹への階段をまた一段上れそうです。
[PR]
by neodita | 2007-08-21 11:26 | 日常
<< それも悪かない neoditaaaan!!! >>