B型ベイベー

ようこそ、スピリチュアルの世界へ…。(挨拶)

どうも、どこからか風邪をいただいた様子。
土曜の極寒ファミレス5時間耐久レースのせいなのか、
そもそも連れが風邪気味だったせいなのか…。
おそらく後者だとは思いますけれど(笑)

今週こそ、体調が良ければご贔屓のバーへ行こうと思ってたのに、
扁桃腺が「やめとけ」って主張するんです。

それでも「行くときゃ行くのがB型」だったのも遠い昔…、
今は「大人しく家で寝てよう」思考になってきましたね。
30手前にもなれば、体力は低下する一方でしょんぼりです。

さて、上にも触れたとおり、何を隠そうB型なあたし。
近年は大抵、「OかA?」って聞かれるんですが、れっきとしたBでございます。
星座占い等はほぼ信用してないんですが、
血液型はまるで統計学のような信憑性があると思いませんか?

世界中の人間を4つの性格に分類するだなんて、
よくよく考えればバカげた話かもしれませんけどね。

飲みの席なんかでも、「何型?」と聞かれることがよくありますが、
B型と答えると、大抵「B型はさぁ…」と、半ばお説教のような空気に。
あまり良く言われた例がないんですが、そんなにお嫌いですかと(笑)

まぁ、悪く言われても気にしないのがB型の愛すべきところだと、
自分では納得するようにしております(笑)
きっと言いやすいんでしょうね。
あたしはそんなB型も大好きです(´∀`*)

でも、この「筋金入りのB型達」は、さすがにハジケすぎだと思いますが…(笑)
"B型の実例"を読んでると、自分はB型じゃないのかも…と思えてきます。
[PR]
by neodita | 2006-09-26 17:43 | 日常
<< 記憶 キャラミル研究所 >>