お久しぶりでございます。

今年に賭けるしかないらしい(挨拶)

そろそろ丸一年ぶりとなる今日この頃、
こんな更新もない辺境の地へお越し下さっていた皆様、いかがお過ごしでしょうか。
お久しぶりです、ごきげんよう。

知らない間にコメント機能が消失したのか、
頂いたコメントが見られない状態になっております。
一番最新のコメント、ガスタさんの

「変な日本語喋る女と会って…」


あたしのことかと思いました。


恐らくは出会い系か何かの誘導コメントだと思うのですが、
その先が興味津々の、独身厄年なあたしです。

先月、友人とよく当たると評判の占い師さんに占ってもらいに行きました。
占いって、異国情緒溢れる店舗に、若い女性が行くイメージ…ありませんか?
きっとそんな感じなのだろうと思っていたら、
店構えからして、どう見ても普通の事務所。
入るといきなり応接室で、その先に待合室があるのですが、
先客は9割男性、しかもスーツ…。

やんごとなき事情がありそうな香りが漂いまくりです。

受付開始時間から20分を過ぎたばかりなのに、すでに17番目。
男性の本気をいささかなめておりました…。


梅田まで出て時間を潰し、戻って少ししたら自分の番に。

先生を前にして、かなり年配の男性ということにも驚きました。
あたしはもう結婚を諦めているので、
仕事や将来の事などを聞いてみたかったのですが、
全力で結婚へのアドバイスを頂戴いたしました。

途中、「何か聞きたいことあった?」と我に返られたご様子でしたが、
「仕事の(方向性の)ことで悩んでまして…」というあたしの言葉を、
「職場の人間関係で悩んでいる」と受け取られたようです。

あたしの性格に対する、半お小言のようなアドバイスに、
「わたしゃアンタが娘のように可愛いんだよ」とお気遣い下さってましたが、
お子さんと意思の疎通がなされているのか、反対に心配してしまいました。

そして、どうも先生がおっしゃるには、
あたしには人生にこれ以上ないという「婚期」が訪れるそうです。
むしろ今、訪れている真っ最中だそうで、
2009年1月~2010年2月4日まで、
先生が「この時期だから、メモして!」と声を荒げる程の「婚期」が、今まさに。

占いを終えてお店を出た後、一緒に行った友人に、
「一番強い婚期が一年しかないって言われたわ」と冗談めいて言ったところ、
友人はあたしにこう返しました。


「あたしなんか、その婚期が来月で終わるって言われたで」


友よ…共に強く生きようぞ…。
[PR]
# by neodita | 2009-02-18 00:47 | 日常

ある日の手紙

はぴば、あたし!!(挨拶)

鬼才ウル先生から、こんなメッセージが届きました。
面白いのでご紹介します。
ご本人に掲載許可はいただいておりません。

──────────────────────
tanjoubi omedetou
まだまだ子供だと思っていたのに
時が経つのは早いものでディタは
もう立派な大人なんですね
これからは一人の社会人として責任ある
行動を心がけねばいけませんよ?
それと体には気をつけるんですよ
朝は一人で起きるんですよ
最後に、母さんはどんな事があってもディタの
見方ですからね
辛くなったらいつでも帰ってきなさい
──────────────────────
※原文


いつの間にあたしはウル先生から生まれたんですかΣ(゜д゜;)

こんなメッセージをあたしが席を外してる間に、
こっそりメッセンジャーに書き残していくんです。

こんな素敵な人達に囲まれて過ごしてるから、
あたしは結婚できないんだな、と思いました。

冗談です(笑)
ウル先生、ありがとう!愛してるわ∩(´∀`)∩
[PR]
# by neodita | 2008-02-21 01:59 | 日常

文章とかカオスですが

今日の記事はちょっと真面目(?)というか、
読んで楽しい気分になれるものではないと思うので、畳んでおきますよっと。

今話題の羊水発言やらなんやらについて。

今回、言葉遣いに難ありです
[PR]
# by neodita | 2008-02-09 15:57 | 日常

お久しぶりです

Lovin' Callin' Feelin' Healin' Kissin' Again Darling!(挨拶)

約2ヶ月ぶりの更新でございます。
いやはや、月日が経つのはまったくもって一瞬ですね。
FLOWのライブがまるで昨日のことのようですが、
興奮冷めやらぬまま、SEAMOのライブにも行ってきました。

で、レポをするのかと思わせておいて、
脳内消しゴムの大発生により、レポは不可能となりました。

特に真新しいネタもないまま、じゃあなぜ更新するのか。
まぁ、ぶっちゃけると「なんとなく」なんですが、
それを表立って出してしまうと、なんてゆーの、鼻につく?

あ!やべ、こんなこと口走っちゃいけませんね。
(口の前で×をして)オフレコでお願いします。


最近何かあったかと言えば、色々あったのはあったんですが、
特にニュース的なことはありませんでした。

たとえば、趣味のお絵かきに勢いがついてきた、とか。
テストは不合格だった、とか。
家の家電が軒並み壊れだした、とか。
そんな中、母親は壊れてもいないのにTVを買った、とか。
そろそろバイト先のオーナーの息の根を止めたい、とか。
この程度です。

あ、最後のは願望ですね。
いや、切望かも。


今年ももう師走に入り、先生でなくとも慌しく走り回る季節となりました。
今年の初めに掲げた抱負も、実行できてるのか疑問符が付きますが、
まぁ…なんとかなってるのかな?
人間、心と体が健康なのが一番です。

正直、今年は心も体も健康とは言いがたい一年を過ごしました。
今も若干、ダウナーな按配で日々を消化しております。

来年のことを話すと鬼が笑うと言いますが、
あたしゃ言うよ、声を大にして。


来年の抱負は「明るく生きる!!」


これです。
笑う角には福来るっちゅー話ですわ。


最後に、最近のダディ。

父「これ、カレンダーくれはったんや」
母「あー、もうそんな時期やなぁ」

(父、丸まったカレンダーを開く)

父「なんやこれ、来年のカレンダーやがな!!」

母「そりゃ、今年のカレンダーやったらびっくりするわ」


これでも父は正気です。
[PR]
# by neodita | 2007-12-06 22:26 | 日常

FLOWのLIVEに行ってきました

僕は…君に会うために生まれてきたのかもしれない(挨拶)

KOHSHI兄さんがあたしに言ったような気がしたので、
先日、FLOWのライブに行ってまいりましたヾ('~'*)ノ

10月27日はライブの他にも、
お昼から"職業訓練校の適性検査"という試験がございまして…。
これに受かればタダでスクールへ通わせてくれるので、
なんとしても受かりたいところなのですが…。


あたい、先月落ちたんだよね…ふふ…(´ー`*)


今回もあまり受かる自信もないまま、会場へ。
試験内容は同じなのですが、なんせ普通の計算や漢字、一般常識等ではなく、
展開図を見て、瞬時に立体図形を判断しなければならなかったり、
見本と同じ図を4つの図から一瞬で見分けなければならなかったり…。
20問を1分30秒で解けとか、どれほどドSですかと。

いくらM寄りのあたしとはいえ、これほどの精神攻撃では、
尻尾を巻いて逃げ出すしかありません。

そしてやっぱりと申しますか、あまりできませんでした…。
向いてないのかな…この分野…(ノД`)

試験は30分ほどで終了なので、LIVEまでの空いた時間に、
趣味のお絵かきのためのペンタブレットを見に行こうと、ヤマダ電機へ。
大型量販店って、本当に沢山の品揃えで目移りしちゃいますね!

PCコーナーを軽く回り、隣のプリンターコーナーを抜け…、
抜けた先はiPodコーナー


………あれ。


もしかして、ペンタブ売ってない!?Σ(゜д゜;)


店員さんに聞こうかどうか、かなり迷ったのですが、
渾身の営業攻撃をかわせる自信がなかったため、自力で徘徊しました。

プリンターは大きなスペースを取って、20種類以上は展示してあったのに、
ペンタブレットときたら、その端っこの下段になんと1種類。

選択肢は皆無ですか、ヤマダ電機さん・゚・(ノ∀`)・゚・
どんな迫害ぶりなのかと。

あたしが海原雄山だったら、棚のプリンターを次々と蹴散らし、
捨て台詞の一つも叩きつけてやるところですよ、まったく。
d0085883_164729100.jpg

ヽ(`Д´)ノ<責任者を呼べ!

しかしあたしは一介のおっさん小娘なので、
輩プレイは控えることにいたしました、大人ですね!Σd (`く_,´)

しかも最新のモデルなのか、描画サイズのわりにお高かったので、
こちらでの購入は見合わせ、奮起して大阪の秋葉原、日本橋へ繰り出すことに。

時間を気にしつつ、6~7店舗を見て回りました。
品揃え、価格共に、やはりどこも同じ展開。

初心者向けのリーズナブルなペンタブを選んで、
ほくほく顔で清算し、ふと我に返りました。

これからライブ(しかもオールスタンディング)なのに、
この荷物どうすんだと。

でも宅急便ももったいないし、まぁロッカーに入るでしょ!
と、持ち前のB型気質全開で乗り越えましたけれども(笑)

ライブ会場へ向かう道、我が身に襲い掛かる異変に気がつきました。
そう…、歩き疲れ(しかも微ヒール)による、足裏の激痛です。

開演まではまだ1時間以上あるし、どこかでマッサージしてもらったほうがいいかしら…。
でもここはヲタウン日本橋

周りを見渡しても、電気店とエロDVD店とメイド喫茶ばかり。
疲れた足を労わってくれそうなのは、「メイドさんのいる足湯屋さん」しか見当たりません。

足湯屋さんの看板をチラ見したところ、20分2000円くらいだったような。
後ろ髪を引かれつつも、やっぱりちゃんと揉んでほしい!

ということで、リフレ&マッサージ専門店まで耐えることにしました。

 1軒目…30分3800円、いや…30分もいらないんですが…。

 2軒目…30分4500円、だからなぜに30分…。

 3軒目…45分6000円、言語道断。



…足湯にしとけばよかった・゚・(ノ∀`)・゚・


そうこうしてる間に、開演まで残り30分ほどとなり、
断腸の思いでマッサージは諦め会場へ。

針を刺すような足裏の痛みをはぐらかすかのごとく、
当日はバイトで初めてお休みをもらったこともあったので、

「平日の夜の空気は、なんと清々しいことか!」

病んだ感動で己を慰めつつ、ライブハウス「なんばHatch」に到着。

「なんばHatch」の脇から地下街へ降りられるのですが、
地下へ降りたすぐの所にあるコインロッカーに、荷物を預けようと思っていたわけです。
しかし、3箇所あるロッカーはすべて全滅、ソールドアウト。

FLOWのファンも気合い入ってますなぁ!などと感心している場合ではないのです。
この様子じゃ、会場内のロッカーももちろん全滅であるからして、
あたしの脳内に恐ろしいイメージが浮かびました。

片手にバッグ、片手に大きな箱(商品丸分かり)を持ち、
一番後ろで身動きが取れないあたし…。

ありえないことこの上なし、吐血ものの放置プレイです。

どうしたものかと考えながらホールまでの道を歩く最中、
開演待ち(?)でたむろっている人達を見回して思いました。
FLOWにしては、えらくまたゴシックな雰囲気だと。

3年前に行った時、オーディエンスは過半数がTシャツでした。
昼間に試験があったあたしは、多少堅めの服装だったので、
「これじゃあ、おじさんちょっと浮いちゃうかな☆」
などと思っていたのですが、いらぬ心配だったようです。

会場周辺を彩るこの方々に比べれば、あたしなどイモ作同然。
"ファイナルファンタジー"と"いっき"程の差があります。
伝わりませんか、そうですか。

とにかく、みんな服が黒い。
そして化粧がNANA、ピアス多め

いえいえ、人様の外見や趣向をどうこう言いたいわけではないのです。
ただ、最近著しくモダ~ンになったFLOWといえど、
数年前とのあまりのギャップに、あたしは驚愕の色を隠せませんでした。

なんだか胸騒ぎを感じながら、最後のエスカレーターを上る時、
ふと前の人を見ると、Tシャツを着ているじゃあありませんか。

「これよこれ!やっぱライブはツアーTシャツよ……、ん?」

そのTシャツ(黒)のバックプリントには、白い字で大きくこう書かれておりました。


Dir en grey


なぜFLOWのライブにディルアングレイ…。

いや、野球の試合球場に、
「サッカー魂」とプリントされたTシャツ着てくる人もいるくらいだし、
この人も汗かくのはわかってたけど、Tシャツがこれしかなかったんだわ!

そうポジティブに受け流してみたのですが、胸騒ぎは強まるばかり。
その時、奥から聞こえたスタッフさんの声。

ディルアングレイのコンサート会場はこちらから入場となりまーす!」

な、なんだって!Σ(゚д゚lll)
あたしってば、日付間違えた?まさか昨日だったとかいうオチ?!

恐る恐るチケットの日付を確認…、やっぱり今日、9月27日だ。
だとしたらどうして……ん?


会場:BIG CAT


そしてここは? イエス、なんばHatch。
時計を見れば、18:45 (19:00start)。
BIG CATまでは走っても10分以上かかります、あたしの鈍足ならなおのこと。

しかしそうも言ってられないので、ランブルボールを食べて頑張りました。
会場には開演ギリギリ到着、ロッカーもまだ3つほど空いていたので、
罰ゲームのごとく重かったタブレット様とマイバッグを格納して、いざ臨戦態勢!

3年ぶりのFLOWは元気で楽しくて、最高のライブでした(´∀`*)
死ぬほど痛かった足裏も、途中一瞬忘れておおはしゃぎ、「GO!!!」最高~!
とはいえ、やはりライブへ行く日はなるべく、
体力を温存するべきということを学習した一日でございました。
[PR]
# by neodita | 2007-10-06 19:21 | 映画・音楽